福島県いわき市のデイサービス施設「あしび」のオフィシャルホームページです。

ホーム長挨拶

  • HOME »
  • ホーム長挨拶

00960089

 

 

 

 

 

みなさま、はじめまして。

ホーム長の伊藤里江です。

 

私はグループホームあしびがオープンすることになってから、、毎日このようなことを考えています。

 

『どのようなホームにすれば、ご入居者が安心して、希望を持った生活をおくることができるだろうか...』

 

日々、このようなことを考えている中でたどりついたのが、

『私自身が”居たい”、”住みたい”と感じるところはいったいどんなところだろう?』

ということです。

 

私自身が、”居たい”、”住みたい”と感じるところ...

 

それは、”慣れ親しんだ言葉”や”好きな音”が聞こえる、私自身の好みの雰囲気や空気感に溢れるところに他なりません。

 

ということは、

『私自身が普段生活している、日常生活の場そのもの!!』

であるということに気付きました。

 

この気付きから、ご入居者にとっても”居たい”、”住みたい”と感じていただけるホームをつくっていくためには、

『ご入居者がおくってきたこれまでの生活環境に、私たちグループホームあしびがどこまで近づくことができるか!!』

がとても大切になことだと考えられるようになりました。

 

『全てをこれまで通りに...』というには限界がありますが、ご入居者おひとりおひとりを少しでもよく理解し、ご入居者それそれがこれまで過ごしてきた生活環境に、何かひとつでも近づけることができるよう工夫していきたいと考えています。

 

また、ご利用者に”居心地が良い”と感じていただくためには、私たちケアスタッフも、

『ご入居者のケア=助ける、助けてあげる』

という姿勢を見直し、

『ご入居者のケア=ご入居者のできなくなったしまった部分をお手伝いさせていただく』

『ご入居者が困っているときには、杖のようにそっと支えさせていただく』

このような姿勢でご入居者に向き合っていかなければならないと、あらためて考えることができるようになりました。

 

ご入居者おひとりおひとりの考え方を大切にし、どんな行動にも意味があるということを忘れずにいたい...。

そして、その考えを忘れずにご入居者とともに生活し成長していきたい!

 

このようなホームにしていくことが、私の理想です。

 

私自身もこれまでの職務を通して、認知症ケアが簡単ではないことは十分理解しているつもりです。

 

それらを理解した上で、『大変だ~』、『難しい~』、『もう無理だ~』ということを考えず、むしろこれらを『楽しい』と捉え、ピンチをチャンスに代えることができるようなホーム長になりたいと考えています。

 

どうか私たちグループホームあしびをあたたかく見守っていただき、応援していただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

平成27年2月4日

グループホームあしび

伊藤さん

 

 

 

 

ホーム長 

伊藤 里江

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © でいあしび All Rights Reserved.